オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディアについて解説

オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアについて、オウンドメディアとトリプルメディアの相乗効果について詳しく解説します。

トリプルメディアの意味とは

オウンドメディアとは、メディア戦略を考えるときに利用するマーケティングチャネルを3つに分類したフレームワークになります。3つの分類とは「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」のことになりますが、それぞれについて説明します。

オウンドメディアの意味とは

オウンドメディアとは、「owned(所有している)+メディア」という意味です。つまり、ブログなど自社で所有しているメディアのことを指している用語になります。ブログ形式とwebサイトを含め、コーポレートサイトやサービスサイトなどがオウンドメディアに分類されます。

一般的な認知としては、コンテンツを取り扱う、ブログ形式のWEBサイトのことを指して話されていることが多いです。ユーザーにとって有益な情報を定期的に発信することで、見込顧客とコミュニケーションを取ることができ、ユーザーニーズの育成、ブランディングなどに有効な方法です。

メリットとしては、自社で所有するメディアですので、作ったコンテンツ全てが自社の資産となります。

デメリットとしては、ペイドメディアのように細かいコントロールがききづらく、成果がでるまでに時間がかかります。

メリット・デメリットの詳細・・・「オウンドメディアの意味とは?メリット・デメリットを解説

ペイドメディアの意味とは

ペイドメディアとは「Paid(払う)+メディア」という意味です。つまり、ネット広告、テレビ広告など広告の費用を払って利用するメディアになります。
認知、集客に強みがあり、新規顧客にアプローチするのに有効です。

メリットとして、広告の費用を払えばすぐにコンテンツを見てもらうことができ、支払う金額を調整することで、露出を細かく調整することができます。

デメリットとして、広告費用を支払い続けなければならない上に、自社の資産とはなりません。

アーンドメディアの意味とは

アーンドメディアとは「earned(獲得する)+メディア」という意味です。つまり、SNSや口コミなどのでユーザーの信頼や支持を獲得するメディアという意味になります。アーンドメディアの用語が生まれたのには、SNS、CGMと呼ばれる口コミサイトの登場が関係しています。

情報を発信したいと考えたときは
ペイドメディア 「広告費用を支払って発信する方法」
オウンドメディア 「自社媒体で発信する方法」
という2つの選択肢しかありませんでした。

SNSの発展により「ユーザーの手によって拡散される方法」 のアーンドメディアという新たな選択肢ができました。日本でのSNSとしては、「Facebook」「Twitter」「Instagram」「LINE」などが人気です。

メリットとして、拡散力が高く、ユーザー自身で拡散しているため、企業側の思惑が入らない純粋な情報の信憑性があると考えられています。

デメリットとして、「炎上」といわれるような、企業のマイナスイメージにつながる拡散が起こる可能性もあり、その拡散力をコントロールすることができないということがあります。

OGM(シージーエム)とは

Consumer Generated Mdia(コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア)の略です。ユーザー自身が内容を生成するメディアのことを指し、SNS、口コミ、レビューサイト、Q&Aサイトなどが当てはります。

オウンドメディアとトリプルメディアの相乗効果

オウンドメディアを上手に利用することで、ペイドメディア、アーンドメディアの含めたトリプルメディアはそれぞれ相乗効果が期待できます。

オウンドメディアで発信した情報はグーグルなどのネット検索の上位に掲載されることで、新たなユーザーとの接点となります。オウンドメディアが既にあればペイドメディアを利用しても、自社の新規のファンを獲得できます。

そして、アーンドメディアで拡散された情報をたどって、ユーザーがオウンドメディアへ誘導されていきます。このように、オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアのトリプルメディアを上手に利用していきましょう。

トリプルメディアの一覧表

種類オウンドメディアペイドメディアアーンドメディア
意味自社で所有しているメディア費用を払って利用するメディアユーザーが情報の起点となるメディア

・ブログサイト
・自社所有のSNS

・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・口コミ
・インターネット掲示板
・SNS
役割・見込顧客との関係構築
・ブランディング
・アーンドメディアで展開されるコンテンツの発信
・新規顧客の獲得
・オウンドメディアへの誘導
・アーンドメディアでの拡散
・コンテンツの拡散
・顧客とのコミュニケーション
メリット・コントロールが可能
・自社の資産になる
・費用対効果が良い
・コントロール可能
・成果が出るのが早い
・拡散力が強い
・信憑性が高い

デメリット
・自社で運用するノウハウが必要
・成果が出るまでに時間がかかる
・自社の資産にならない
・費用が高い
・信憑性が低い

・拡散力をコントロールできない
・ネガティブな拡散が行われる可能性

まとめ

トリプルメディア・・マーケティングチャネルを3つに分類したフレームワーク
オウンドメディア・・ブログなど、自社で所有しているメディア
ペイドメディア・・ネット広告、テレビ広告など広告の費用を払って利用するメディア
アーンドメディア・・SNSや口コミなどのでユーザーの信頼や支持を獲得するメディア

この記事も参考にしながらトリプルメディアを上手に活用していきましょう。