コンテンツマーケティングの用語の意味とは?特徴や役割を解説

コンテンツマーケティングとは何か、特徴、注目さている理由、役割などについて解説します。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のマーケティング手法のことです。

コンテンツマーケティングの特徴

商品に対するニーズが顕在化した顧客をターゲットとする従来手法とは異なります。まだニーズが顕在化していない潜在層の顧客に対し、コンテンツを通してて自社の存在を認知してもらい、段階的に購買へとあと押ししていくことを重要視するのが特徴です。

コンテンツマーケティングとは1つのツールや手法を指し示す言葉ではありません。段階的なマーケティングプロセスを構築するための概念的なものと理解しておくといいでしょう。

コンテンツマーケティングを恋愛に例える

コンテンツマーケティングを恋愛に置き換えて考えると理解しやすいです。通常、恋愛でははじめて会った人にいきなり告白することはありませんし、いきなり告白してもほとんどは失敗してしまいます。これは、相手が誰かがわからないために、警戒してしまって失敗するということです。まずは、自分に興味をもってもらうこと、そして、自分を好きになってもらう努力をすることで告白の成功率は上がります。

コンテンツマーケティングは、顧客に興味をもってもらい、段階的に関係を深めていくという点で恋愛との共通点があります。恋愛対象者の連絡先をゲットした後は、嫌がれないぐらいで接触の回数を増やしていきます。そして、段階的に自分を知ってもらい、自分のことを少しづつ好きになってもらいます。これが、コンテンツマーケティングの手法になります。

コンテンツマーケティングが注目されている

コンテンツマーケティングは、世界的でもトレンドで、米国では企業の9割が実施しているという調査結果もあります。現在では、日本でも多くの企業がコンテンツマーケティングを取り入れてきています。

かつての日本のネットマーケティングにおいては、SEMSEOが主流で、成果を見るための指標として、CPCを下げることがメインでした。CPCを下げることに限界があったためCPALTVが注目されるようになりました。

簡単に言えば、かつては顧客をこちらから捕まえていく、狩猟型マーケティングだったものが、現代では顧客を囲い込み育て上げる農耕型コンテンツマーケティングの時代に突入してるといえるのです。

マーケティング用語解説①

SEM

SEM「Search Engine Marketing」とは、検索エンジンのマーケティングを意味します。ネット広告、SEO対策などを含んだ検索エンジンからの訪問者を増やすマーケティング手法の総称です。

SEO

SEO「Search Engine Optimization」とは、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことをSEO対策と呼びます。

CPC

CPC「Cost Per Click」とはクリック単価のことです。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたびに何円かかったのかの費用指標になります。

CPA

CPA「Cost Per Acquisition」とは、顧客獲得単価のことです。CV1件あたりにかかった広告費用を示す値です。

CV

CV「Con Version」とは、Webサイトにおける目標の達成を指します。

LTV

LTV「Life Time Value」とは、顧客生涯価値のことです。いかに安く効率よく新規顧客を獲得するかという、刈り取り型のマーケティングから、顧客のニーズを育て、長期の関係性を築くことで、生涯にわたってもたらされる価値(LTV)を最大化しようとする考え方です。

コンテンツマーケティングの役割

消費者の購買行動の変化でテレビ、新聞などのマス広告では、効果が薄く購入までの時間は長めです。購入までの時間が短いのは圧倒的にSEOSEMです。マス広告、SEOSEMの補完する役割としてコンテンツマーケティングが位置しています。

現在では、SEMの内の1つであるリスティング広告の単価が上がりつづけ、収益性の高かったキーワードも、価格が高騰しすぎて入札できなかったり、採算が取りにくくなってきています。そのため、集客をリスティング広告だけに依存するのはリスクも出てきました。

リスティング広告のコストが高騰している理由は、限られた広告スペースを多くの広告主が取り合っているためです。リスティング広告は、今すぐに購入した顧客を狙うための広告になり、特にビッグキーワードでは顕著です。この傾向はこれからも続くでしょう。ビジネスがリスティング広告のみに依存している場合は大きなリスクとなってしまいます。

そのような現状の中で、マス広告とSEO・SEMを補完する役割として、コンテンツマーケティングが活用されてきています。

マーケティング用語解説②

リスティング広告

リスティング広告とは、検索キーワードに応じて検索結果上に表示される広告のことです。検索連動型広告とも呼ばれ、Google広告、Yahoo!プロモーション広告などのPPCがあります。

PPC

PPC「Pay Per Click」とは、ユーザーがクリックするごとに課金されるクリック課金型の広告の総称です。

ビックキーワード

ビッグキーワードとは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンでの検索回数が多いメジャーなキーワードのことです。

まとめ

コンテンツマーケティングの3つのポイント

・価値あるコンテンツを作る

・顧客を育てる

・ファン化する

コンテンツマーケティングの特性を理解しながら、上手に活用していきましょう。